【天平 黒 面粉 裏金

 意匠登録番号 第1432677号

 

 3.5(高170×幅73×奥40)札幅4.4

 4.0(高191×幅79×奥43札幅4.9

  4.5(高213×幅85×奥46㎜)札幅5.1

  5.0(高234×幅93×奥48㎜)札幅5.6

  5.5(高254×幅97×奥50㎜)札幅5.9

  6.0(高276×幅105×奥52㎜)札幅6.3


 

◆仏塔の甍に感じる荘厳をイメージ

 

平城京を中心に花開いた貴族・仏教文化。聖武天皇の時の元号を取って天平文化といわれています

 

青丹よし 奈良の都は 咲く花の にほふがごとく 今盛りなり

 

とも詠まれ、その時代の奈良の華やかさが目に浮かびます。そんな時代に建設された仏塔。本製品「天平」はそれをイメージしています。同時に、天下(世の中)が平穏であってほしいという願いも込めました。台座の裏に金箔を施し、奥ゆかしく輝き、より一層の気品が感じられます。