位牌について


位牌とは?

位牌とは、故人様の戒名(法名・法号)、没年月日、俗名、没年齢(行年・享年)の記された木牌の事です。通常はご自宅のお仏壇にご安置してお祀りいたします。

 

白木位牌から本位牌に変えるのはいつ?

葬儀の際に使用する白木位牌は四十九日までの間だけお祀りする仮のお位牌です。一般的には四十九日の法要の際に、ご住職にお願いをして御霊入れ(開眼供養)した本位牌をお仏壇の中にお祀りしますので、法要に間に合うようご準備してください。お位牌に文字を入れる(文字彫り・文字書き)のにも2週間ほどかかりますので、早めにご用意していただくと安心です。

 

お位牌の種類

【塗り位牌】漆(カシュー)で表面を塗り、金粉や金箔が札側面(面粉・面金・三方金)や台座などに加飾された位牌です。

【唐木位牌】黒檀や紫檀など唐木を使用して作られる位牌です。天然木そのものを使用しておりますので、ずっしりとした重量も感じられるのが特徴です。

【モダン位牌】現代的なモダン仏壇にも合うように、デザインされたお位牌です。形や材質の種類も豊富で選択肢も多いのですが、コピー商品も出回っていますので、お求めの際は「仏壇公正取引協議会」の加盟店や有名仏壇店・百貨店などでお求めいただくと安心です。

 

※塗り位牌・唐木位牌・モダン位牌それぞれ「回出位牌※繰出位牌とも云います」があります。戒名や法名を記載する8~10枚位の札板を入れる箱が台座に付いている位牌の事です。基本的には、故人様一人につき一柱の位牌ですが、先祖代々伝わる家系では、位牌が増えてきてお仏壇の中に祀りきれなくなり、そのような場合に、ご先祖様をまとめて祀る位牌の事です。

 

お位牌の選び方

代々、お仏壇の中にお祀りするお位牌は、デザインや価格ばかりではなく「素材※原材料」「下地」「塗り」「金箔」「金粉※本金粉使用なのか」さらには産地までよく吟味してお選びいただく事をお薦めしています。良い位牌は、経年劣化が少なく長持ちします。国内では、和歌山県「高野位牌」、福島県「会津位牌」などが、主な産地として有名で、歴史と伝統を今も受け継いで丹精込めて作られています。

 

お位牌のサイズ

基本的にお仏壇にピッタリ合うサイズを、お選び頂きます。ただし仏壇最上段のご本尊より背が高くならないように注意して下さい。一般的には、新仏様がご先祖様のお位牌よりも、背が高くならないようにお作りします。